前へ
次へ

交通事故でもあわてず対応しよう

よほどのことがないかぎり自分が車を運転していて交通事故にあうことはありません。
しかし、世の中には絶対はないわけで、何気なく運転していても相手の車がひどい運転をしてぶつけられたり、いきなり子供が車の前に飛び出してくるなど危険はいくらでもあります。
それを完全に防ぐためには、スピードをゆるめ、いつでもとっさの場合に対応できるよう心掛けておく必要があります。
交通事故は慢心や慣れ、危険察知能力の低下や眠気などドライバーのコンディション、考え方によって起きることが多いため、自分で気を付ければある程度防ぐことは可能です。
高速道路などでの交通事故は被害も大きくなりますので、特にスピードの出し過ぎ、無理な位置取りなどはしないように気を付けましょう。
走行車線と追い越し車線の走り方など、他のドライバーを見ていると自分の走りがどの程度の安全度なのかわかります。
他人がとばしているからといってそれに追随することなく、自分は自分のマナーの守り方をして安全に走行するのが肝要です。

Page Top