前へ
次へ

交通事故にもいろいろ種類がある

車と車、人と車など交通事故にもいろいろと種類があります。
自分がドライバーとして運転をしていると、そこかしこに危険が潜んでいて自分はそれをひとつひとつやり過ごしたり対応しながら運転していることに気づきました。
車はスピードが速く、とっさの判断をしなくてはならないケースも多いため緊張を強いられます。
車の便利さを一度知ってしまうと利用しないわけにもいきませんし、安全に利用するためにさまざまな努力をするのが大事だと考えなおす機会も与えられるわけです。
交通事故はこちらががんばって防ぐ努力をしていても、一方的に相手から受ける場合もあります。
また、車の操作ミスにより自損する場合もあって、何がトラブルの原因になるかはケースバイケースです。
交通事故にあわないためには道路に出た時から回りの様子に気を配り、自分の行動に気をつけることが大事です。
歩行者として歩いていても、まったく安全なわけではありません。
危険を早めに察知し、それを回避できる能力を身につけましょう。

Page Top