前へ
次へ

交通事故はどこでも起きるもの

スーパーの駐車場や病院の待合室など信じられないところで交通事故に遭遇することが増えました。
高齢ドライバーが増えてアクセルとブレーキを踏み間違えるなど初歩的なミスが事故を招いています。
加齢により注意力が落ちたドライバーの運転する車は、安全認識能力が落ちているので交通事故の危険性が高いです。
自分が高齢者になった場合には、免許を返納することも含めて安全策をとるよう心掛けましょう。
かくいう私ももうすぐ高齢者の仲間入りをするわけで、本気で免許を返納するかどうか考えています。
車がないと生きていけない地域に住んでいることもあって、なかなか免許を返すには至りませんが、自分の運転に自信が持てなくなったら安全を考えて返納しようと考えています。
交通事故は誰にとってもうれしくないことですし、できれば会わないほうが良いトラブルです。
大きなけがなどにつながることも多いですから、車に乗っている時はスピードや安全確認だけは注意しています。

Page Top